パセオ除幕式

昨年から信楽で制作していた4作品のひとつが、札幌駅パセオの地下広場に設置されました。

タテのラインを強調した103本の森の樹を表現したテラコッタ彫刻です。
タイトルは「テルミヌスの森」。4月29日に除幕式が開催されました。
サイズは 高さ3m × 幅18mです。

他に広場のデザインや施設内4カ所の通路にも巨大なグラフィックを担当しました。
すべてが完成するのは10月頃です。

白色テラコッタレリーフ

信楽で制作していた白色のテラコッタレリーフが完成しました。

北海道新十津川町の吉野小学校跡を改修した「かぜのび」(風の美術館本部)に設置されます。
2011年春~初夏に、一般公開の予定です。