neige

3年ぶりとなる個展が札幌で開催されます。

neige
Takenobu Igarashi
ネージュ・五十嵐威暢 展

清潔で無垢で冷たい雪は、
力強く美しく素朴で未熟で頼りない。
強さと弱さが混じり合った白い塊を目指した。

2022年9月28日(水)〜10月10日(月)
12:00〜18:00 火曜定休
ギャラリーレタラ
札幌市中央区北1 条西28丁目2-35 MOMA Place 3F(アメリカ領事館斜め向い)
TEL 011-621-5600  http://moma-place.jp

紀尾井町にて、五十嵐威暢展

テラコッタの新作を発表いたします。

五十嵐威暢展
TAKENOBU IGARASHI EXHIBITION

東京ガーデンテラス紀尾井町
紀尾井タワー 2階エントランス

2019年11月1日(金)→ 12月25日(水)
日曜日のみクローズ(祝日はオープン)
作家在廊予定:初日14:00〜18:00

入場無料
主催:株式会社西武プロパティーズ
総合企画:いりや画廊
Tel:03-6802-8122(いりや画廊)

 

テラコッタの粘土は、かなり硬い。
彫るか、削るか、叩きつけるしかない。
つくることは破壊することと表裏一体。
即興でつくるから、直前まで具体的にならず、
強いて言えば方針があり、それに見合う土の塊があるだけ。
足元がふらつくようなマイナス要因でさえ道具となり、何もかもを総動員。
さらにスピード感が大切で、体力任せだから後ろを見る余裕はない。
先を見る力が偶然を形と表情にしていくだけである。

五十嵐威暢

 

LACMA

LACMA(ロサンゼルスカウンティ美術館)で、5月12日より、LACMA収蔵のタイポグラフィ作品を公開する展覧会が開かれます。チャールズ&レイ・イームズ、マッシモ・ヴィネリ、ポール・ランドなど、影響力のある国際デザイナーの作品と共に五十嵐の1974年作のポスターが展示されます。

Between the Lines: Typography in LACMA’s Collection

2019年5月12日〜2019年9月2日

詳細はこちらから
LACMA

札幌美術展 五十嵐威暢の世界

2018年10月6日(日) – 11月25日(日)

会場
札幌芸術の森美術館

時間
午前9時45分 – 午後5時00分
(入館は午後4時30分まで)

観覧料
一般1,000円、高・大学生700円、小・中学生400円

休館日
11月3日以降の月曜休館

主催
札幌芸術の森美術館
(公益財団法人札幌市芸術文化財団)

スイスで3人展

スイス・ジュネーブのギャラリーで3人展をすることになりました。
お知らせします。9月29日から10月5日まで。

Nest Gallery